知っておきたいサッカーの知識

Pocket

■知っておきたいサッカーの知識

 ここまで、サッカー観戦は、感情の共有が大切である、と書いてきましたが、よりよく感情の共有をするために、知っておきたいいくつかの知識もあります。
 それを簡単に紹介します。
 まず、ルールの面からは、「オフサイド」
 難解なことで知られるルールですが、簡単に言えば、「待ち伏せ禁止」のルールです。もしオフサイドがないとすれば、サッカーはより単純な競技になるでしょう。たとえば、5人ずつが相手と自分のゴール前にいて、ボーン、ボーンとボールをけり合う。そんな競技になるかもしれません。
 それでは、スポーツ的な魅力がなくなってしまいますので、相手の一番後ろのプレイヤーよりも後ろで待ち伏せしてはいけない、というルールができました。
 このルールがあるおかげで、サッカーはより狭い空間でぶつかり合いが起き、駆け引きが生まれるスポーツになりました。
 オフサイド、という言葉を知らないとしても、サッカーは待ち伏せ禁止である、ということを前提に見ていけば、面白さがわかりやすくなります。
 スタジアムに観戦に行く時に知っておきたいのが、「ホーム」と「アウェー」という考え方です。
 たとえば、日本代表が日本のスタジアムで試合をするときは、自分たちの「ホーム」での試合になりますし、海外で試合をするときは「アウェー」の試合、ということになります。
 この、「ホーム」と「アウェー」という考え方が、サッカーという祭りをより楽しくします。
 ヨーロッパや南米など、サッカーの本場と言われる地域では、ホームで試合をするのか、それともアウェーで試合をするのかで、選手たちの気持ちも、試合の結果も大きく変わってきます。
 なぜなら、ホームのチームは、観客からの声援を多く受けることができ、逆にアウェーのチームは、観客から激しく攻撃されるからです。
 その攻撃のひとつにブーイングと言って、相手がプレーをしている時に「ブー」と大きな声で威嚇したり、口笛を吹いたりすることがあります。
 この、「ホーム」と「アウェー」ということは、いわば役割として演じることでもあり、大げさに演じれば演じるほど、感情の共有をしやすく、楽しめる要素になります。
 とはいえ、暴力は絶対にいけませんが、そのぎりぎりまで感情を高めることで、サッカー観戦の魅力を大きくすることができます。