知っておきたいサッカーの知識

■知っておきたいサッカーの知識

 ここまで、サッカー観戦は、感情の共有が大切である、と書いてきましたが、よりよく感情の共有をするために、知っておきたいいくつかの知識もあります。
 それを簡単に紹介します。
 まず、ルールの面からは、「オフサイド」
 難解なことで知られるルールですが、簡単に言えば、「待ち伏せ禁止」のルールです。もしオフサイドがないとすれば、サッカーはより単純な競技になるでしょう。たとえば、5人ずつが相手と自分のゴール前にいて、ボーン、ボーンとボールをけり合う。そんな競技になるかもしれません。
 それでは、スポーツ的な魅力がなくなってしまいますので、相手の一番後ろのプレイヤーよりも後ろで待ち伏せしてはいけない、というルールができました。
 このルールがあるおかげで、サッカーはより狭い空間でぶつかり合いが起き、駆け引きが生まれるスポーツになりました。
 オフサイド、という言葉を知らないとしても、サッカーは待ち伏せ禁止である、ということを前提に見ていけば、面白さがわかりやすくなります。
 スタジアムに観戦に行く時に知っておきたいのが、「ホーム」と「アウェー」という考え方です。
 たとえば、日本代表が日本のスタジアムで試合をするときは、自分たちの「ホーム」での試合になりますし、海外で試合をするときは「アウェー」の試合、ということになります。
 この、「ホーム」と「アウェー」という考え方が、サッカーという祭りをより楽しくします。
 ヨーロッパや南米など、サッカーの本場と言われる地域では、ホームで試合をするのか、それともアウェーで試合をするのかで、選手たちの気持ちも、試合の結果も大きく変わってきます。
 なぜなら、ホームのチームは、観客からの声援を多く受けることができ、逆にアウェーのチームは、観客から激しく攻撃されるからです。
 その攻撃のひとつにブーイングと言って、相手がプレーをしている時に「ブー」と大きな声で威嚇したり、口笛を吹いたりすることがあります。
 この、「ホーム」と「アウェー」ということは、いわば役割として演じることでもあり、大げさに演じれば演じるほど、感情の共有をしやすく、楽しめる要素になります。
 とはいえ、暴力は絶対にいけませんが、そのぎりぎりまで感情を高めることで、サッカー観戦の魅力を大きくすることができます。

サッカー日本代表

■日本代表という選択肢

 サッカーをあまり知らなくても、日本代表なら知っている、という人は多いです。実際に、本田選手、長谷部選手、香川選手、長友選手などはメディアで取り上げられる機会も多く、サッカーを全く知らない人にも知名度があります。
 ですので、サッカーはまあ、好きでも嫌いでもないけど、日本代表の試合の時は盛り上がる、という人たちがたくさんいます。
 サッカーファンからは、「ミーハー」と呼ばれてしまう人たちですね。
 ともすれば、否定的な文脈で語られることが多いのですが、サッカー観戦を、感情の共有、そして祝祭の空間であることを考えると、この現象にも納得がいきます。
 日本代表は、まさにこの「国」の代表ですので、より多くの人と感情の共有ができます。そして、より多くの人と感情の共有ができればできるほど、「祭り」の規模が大きくなります。
 つまり、渋谷のスクランブル交差点でハイタッチを繰り返すことは、「祭り」なのです。
 日常の観点から見れば、「祭り」なんて迷惑極まりないものです。花火大会は騒音がひどいでしょうし、みこしを担いだら交通網がマヒします。
 日本代表と、それに伴う「祭り」に眉をひそめる人たちは、日常の観点からそれを見ている人たちです。
 そして、「祭り」は、そもそも非日常であることがその本質ですので、本質的に視点がずれているのです。
 さらに言えば、「祭り」の醍醐味は、コントロールされていないことにあります。コントロールされていないからこそ、非日常なのです。
 私たちは、退屈な日常に対し、非日常に触れることで精神的にリフレッシュできます。
 そう考えると、ミーハー的に日本代表の試合を観戦し、その「祭り」に参加することは、非常に有効なことと言えます。
 たしかに、サッカーに対し、競技的な知識と見識をもって臨む人が増えれば、それに越したことはありません。ですが、それはともすれば、狭く深い見方になり、万人に共通するものではありません。
 一年の中にある、祭りのひとつとして、日本代表を選択肢に持つことは、むしろ人生を豊かにする、と言ってもいいでしょう。

スタジアムへ行こう!

■スタジアムに観戦に行こう!

 サッカーの試合は、サッカー場、つまり、スタジアムで行われます。
 サッカーに詳しくないうちにはハードルが高く感じられますが、むしろ初心者の内に、スタジアムに足を運ぶことをお勧めします。
 なぜか?
 サッカーは、そのスポーツとしての魅力に加え、スタジアムに足を運び、その空気感を味わい、同じチームのファンの人たちと一体感を味わう。そこに醍醐味があります。
 御存じのように、野球やバスケットボールのように点数が入りやすいスポーツではなく、点が入るまでに、一喜一憂を繰り返します。
 ですが、だからこそともに応援する人たちと感情を共有することができ、盛り上がることができるのです。
 さまざまなルールはありますが、究極的には、点を取れば喜び、取られれば悲しむ。サッカー観戦で必要なのはこれだけです。
 そして、サッカーは足で行うスポーツ。つまり、ミスが出る確率が、他のスポーツと比べても格段に大きいスポーツです。
 点を取って喜びたいのに、なかなか喜べない。そのもどかしさ、そこでためられたエネルギーが、点を取った瞬間に解放される。その醍醐味は、サッカーならではのものです。
 もちろん、お家で一人、または家族や友人と喜んだり悲しんだりするのも良いでしょうが、それがスポーツバーや、スタジアムに行くと、より多くの人たちと、同じ瞬間、同じ感動を分かち合うことができます。
 よく、日本代表の試合の後に、渋谷のスクランブル交差点などで騒ぎが起き、新聞やニュースで報道されます。
 「何をバカなことを」とまゆをひそめる向きもあるでしょうが、これは大規模な感情の共有なのです。
 感情の共有がされると、私たちはおそらく本能的な、深い満足感を得ます。
 昔は、地域の祭りなどでこのような感情を得ることができたのですが、今はなかなかそうはいきません。
 つまり、サッカー観戦と、そこで感情を共有できることは、現代の私たちにとっての「祝祭」なのかもしれません。
 そして、その感情は、同じ場で共有することが大切です。ですので、ルールがまだよくわからないにしても、スタジアムに足を運ぶべきなのです。